« こんな奴にはガツンと言ってやれ! | トップページ | 嫌いな人とどう接すればいいのか? »

2009年1月28日 (水)

人生の指針を見つける方法

景況感の悪化は深刻極まりない。

将来に対する不安感ばかり先立って、今何をすべきなのかわからないという人は多いように思える。

このような情勢だからこそ、自分の指針をしっかり持ちたいものである。

では、どうすれば人生の指針を見つけることができるのだろうか?

一番簡単に見つかる方法が実はある。

それは、自分にとって死ぬよりもつらいことは何なのかを考えることである。

どう生きるかについては多くの方が一生懸命考えているだろうし、またそのようなことをいかにももっともらしく教えてくれる人も存在するが、いかに死んでいけばいいのかについて論じている人はほとんど見受けられない。

だから、こんなことを言う人はあまりいないと思うが、将来どうやって死んでいくことが自分にとって理想的な生き方なのかについて考えてみると、自分のやるべきことがはっきりと見えてくるものである。

冷静に考えると死ぬことより怖いものはない。

しかし、死よりも怖いものがあるとすれば、まずそれをどう解決していくのかを考える必要がある。

ちなみに、私にとってのそれは、目が見えなくなることと思考能力が低下することである。

だから、そうならないために目を大切にしたり運動を継続したりしているのである。

また、思考能力の低下はそのまま仕事にも影響を及ぼすので、絶えず頭を働かせている。

ブログを書くのも実に頭の体操になる。

一番の敵は、現状でよしとする考え方である。

常に改善、向上を念頭において仕事に取り組まなければならない。

そのための情報収集にも余念がない。

世の中の動きにアンテナを張り巡らせるのである。

私にも不安がいっぱいある。

言葉では表現できないようなプレッシャーも感じつつ生きているとも言える。

しかし、人生の指針が心の支えにもなっている。

死よりも怖いものは本当はないけれども、もしそれぐらいだったら死んだ方がましといえるものがあるとすれば、人生の指針を見つけるきっかけになるのではないだろうか。

« こんな奴にはガツンと言ってやれ! | トップページ | 嫌いな人とどう接すればいいのか? »

仕事の取り組み方」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の指針を見つける方法:

« こんな奴にはガツンと言ってやれ! | トップページ | 嫌いな人とどう接すればいいのか? »