« 現代社会で捨てるべきもの | トップページ | いつまでも若々しくありたい! »

2008年12月20日 (土)

心の病にかからない3つの要素

メンタルへルスは個人レベルでもしっかりとした対策が求められる。

国も会社も守ってくれない事を自覚すべきである。

頼れるのは自分のみ、まさにそうである。

心の病は誰にでも起こりうる病気で、日頃のケアが大事なのは知っておいた方がいいだろう。

風邪やインフルエンザ同様、予防対策が望まれるところである。

ではどうすればいいのか?

それは、自信を持つことである。

自信に根拠なんかいらない。そんなものはなくても構わないのである。

「俺は、(私は)最高の人間である。だからどんな困難でも必ず乗り越えてみせる。」

と、自分に言い聞かせるだけでいい。

本当にそうなのである。

我々は皆素晴らしいものを持っているのである。

そのことに気が付いているかいないかの違いなのだ。

今までいろんな苦難を乗り越えて今の自分があるのではないだろうか。

皆そうなのである。

教育というと、すぐ何かを教えたり矯正したりすることを連想しがちであるが、真の教育とは、己の持つ才能や能力を発見する手助けをすることなのだ。

社員教育もしかり、根本精神はその人の持つ個性を見出し、強みを発揮できるようにすることである。

押し付けや詰め込みが教育だとカン違いしていることはないだろうか?

適度な緊張感は必要だが、自分にも周りにも過度のプレッシャーを与えすぎてはいないだろうか?

だとすると、大変危険である。

心も身体も蝕まれてしまうだろう。

適度な緊張感と休息の確保、そして鼻持ちならないぐらいの自信、この3つが心の病を防ぐ要素となる。

我々はもっと自信と誇りを持ってもいい。

« 現代社会で捨てるべきもの | トップページ | いつまでも若々しくありたい! »

メンタルヘルス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の病にかからない3つの要素:

« 現代社会で捨てるべきもの | トップページ | いつまでも若々しくありたい! »