« 今日から始めるメンタルヘルス対策 | トップページ | 建設的な人間関係に必要な条件 »

2008年9月12日 (金)

管理職の悩み 「部下を育てられない」

リーダーシップを発揮できる人材が少なくなってきているように思えます。

リーダーシップというと、人をぐいぐいと引っ張っていくというイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではないと思います。

いろんな意見はあるかと思いますが、私が考えるリーダーシップとは、

「組織が進むべき方向性を示すことができ、メンバーの士気を高めることにより組織の目標を達成することができる力」

です。

組織の方向性を認識するには、2つの点をしっかり把握しなければなりません。

それは、自社の強みと市場の動向です。

そもそも自分の会社が社会に対して何を提供しているのか、わかっていない管理職も少なくないようです。

それが、経営者から見れば何とも心もとなく頼りない人材に映るのです。

また、市場の動向については、今いるお客様の声を聴くことが基本ではないでしょうか。

おそらく、最低限以上の2つは押さえておかないと、組織が進むべき方向性は見えてこないと思います。

リーダーシップのあり方については、今後もさらに深く考えていく必要がありそうです。

« 今日から始めるメンタルヘルス対策 | トップページ | 建設的な人間関係に必要な条件 »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 管理職の悩み 「部下を育てられない」:

« 今日から始めるメンタルヘルス対策 | トップページ | 建設的な人間関係に必要な条件 »